▲ TOP

癌をたった約7日〜14日で水に変える。[無副作用][非医薬品]ミネラル水素発生水 オ・ビィーナー
※ がんには大きくわけて「異常分裂型」と「壊死型(スキルス癌・硬性癌とも)」に分類され、本液は「異常分裂型」に大きく効果を表します。



「オ・ビィーナー」(ミネラル水素発生水)とは


「オ・ビィーナー」は天然水等に含まれているミネラルの金属粒子の格子内に水素原子を吸蔵させた水溶液です。
特殊調合された本液は、体温と即反応し体内全域に水素を送り込み、悪性腫瘍等に働きかける性質を持っています。
※ 一般的に市販/飲用/研究されている「ミネラル水」や「水素水」とは全く異なるものです。




「オ・ビィーナー」による がん消滅作用の概要


(1)がん細胞の消滅(破壊)について
がん細胞は細胞質が健常細胞より大きいために本液を多く取り込みます。
がん細胞には適量でも細胞核にとっては過剰摂取状態となり、耐圧の限界を超え細胞の破壊が発生します。
これはがん細胞に取り込まれた本液のミネラルから水素を発生し、がんを破壊し水に変化させるため、水疱となったがんはCTやレントゲンの画像で影が薄く映し出されます。
この時点で、腫瘍マーカー(CRP)等の検査値は正常値となり「がんは消滅」したことが判断されます。
期間としては、がんの発生場所・数・大きさに関係なく、概ね7日〜14日でがんが水疱化することが統計として表れています。

(2)がんの水疱化による誤診について
がんが消滅したあとは、固い水膨れ(水疱)となります。
この水疱は、がんが消滅したあとの組織内が高圧であるためにがんの形状より少し大きくなります。
CTやレントゲンの画像では影が薄く形が大きくなっていますので、がんが進行していると判断される危険性があります。
その時は腫瘍マーカー(CRP)の値が正常域になっているか、必ず再検査を希望し確認してください。
この水疱は徐々に縮小して消滅します。火傷の火ぶくれが自然に無くなるのと同じです。

(3)抗がん剤との併用について
本液を水で薄めて飲用するのは、直接胃に届け本液を一気に全身に届けるためです。
胃から本液が全身に行渡り、すべてのがん細胞に対し破壊が始まり同時に消滅します。
このため、細胞の壊死や細胞の死骸の蓄積も止まります。
本液は細胞を死滅させる抗がん剤の効力を阻害する働きをしますので、抗がん剤と同時に使用する事は出来ません。

(4)骨がん(骨腫瘍/骨肉腫)、脊髄損傷等について
本液により、骨にあるがんが消滅すると消滅した骨と神経が成長し復元してきます。
その時に骨と神経の成長により、他の組織に割り込んで成長するために強い痛みを生じます。
この強い痛みは、医療機関に相談しても一般的な痛み止めで対応できない個所もあるので飲用はお勧め出来ません。





数日でガンが消える!? 疑うのは当然。でも、真実なんです。





「オ・ビィーナー」は医薬品ではありません


本液は、人間の体内(約30℃)で反応し、一気に水素を全身に送り込む最重要性の特性を有する水溶液です。
人間が飲用する医薬品の認可には、高温殺菌消毒またはアルコール消毒等の検査を通過する必要があります。
本液の特性上、医薬品としての認可を通過するプロセスを受けると、ただのミネラル保有水になってしまい、本来の効果を有しないものとなってしまうため、医薬品として認定を申請ができません。




「オ・ビィーナー」を使用するにあたり


本製品の使用において、全ての疾患が完全に治癒する保証があるものではありません。
使用にあたっては、アドバイスをもとに用法・容量を厳守のうえ自己対処ならびに自己責任にてご使用ください。
また、面談時の状況や身体の状況により、ご提供できない場合があります。あらかじめご了承ください。




各省機関および保健所、医療関係機関等の皆様へ


本製品はがん細胞消滅に有効な水溶液ですが医薬品ではありません。
製品自体の副作用が一切なく、一般的な抗がん剤などのがん治療よりも、はるかに高確率で癌細胞消滅に有効です。
効果効能、製品や販売に関する問い合わせの際はご連絡ください。