▲ TOP


予備医療用水素酸素混合気体供給装置 水素吸入器


たった1分間で、水素水5万リットル以上分

当機は、水を電気分解により高濃度水素酸素を1分間あたり約2,500ml生成(HB-233)します。水素のみの量は約73% で約1,825ml。
実際に肺胞まで到達るすまでの割合を9%程度まで減少したとしても、たった1分間の吸入で約52,000リットル以上もの水素水を飲むのと同量の水素をからだに取り入れることができます。
水素吸入なら、おなかがいっぱいになることもなく、水を飲むのが苦手な方や摂水制限のある方でもたっぷり水素を取り入れることができます。

体重50kgのおとなが1回呼吸すると約500cc。1分間の呼吸回数は約20回。1分間に10000mlの空気を換気しています。
高純度の水素ガスだけだと酸欠になり、頭がクラクラしたり頭が痛くなったりしてしまいます。
水素2:酸素1のバランスの取れた高濃度ガスを吸入できますので、頭の天辺から足の指先、内臓の隅々にまで水素が行き渡ります。
隠れている悪玉活性酸素ですら見逃しません。





水素吸入が、究極の療法。


厚生労働省『水素ガス吸入療法』が〈先進医療B〉として承認!

厚生労働省は2016年12月1日より『水素ガス吸入療法』を<先進医療B>として適用いたしました。(2016年11月30日発表)

心肺停止より蘇生後の患者に水素ガスを吸入させ、臓器障害および脳機能障害などの後遺症を軽減させ、より多くの患者の社会復帰を見込める療法として、水素ガスの有効性が認められたものです。

先進医療とは、厚生労働大臣と内閣府特命担当大臣、行政改革担当、構造改革特区・地域再生担当との基本的合意に基づき、その有効性・安全性・必要性などが審査され、先進医療Bは、先進医療Aよりもさらに厳しく審査され、「医療技術の安全性、有効性等に鑑み、その実施に係り、実施環境、技術の効果等について特に重点的な観察・評価を要するものと判断されるもの」として認証されるものです。

水素ガスの臨床研究を国が認めた形となり、『心肺停止後の水素ガス供与が有効である』とのことは、水素ガスの大きな可能性を示唆しており、今後、実際の医療機関での臨床研究が多く行われることによって、水素がもたらすメカニズムや最適な施術方法が解明され、さらなる水素の効果・効能が立証されていくことになるでしょう。


慶應義塾大学医学部 佐野元昭氏は、「水素ガスは、悪玉活性酸素を除去する作用だけでは説明できない。実に多面的治療効果を発揮する。今後は、臨床研究に加えて、水素ガスが治療効果を発揮する分子機序を解明する基礎研究を充実させていくことが肝要である。」と語られています。


「先進医療の各技術の概要」第3項先進医療【先進医療B】68番『水素ガス吸入療法』 (厚生労働省)
厚生労働大臣の定める先進医療及び患者申出療養並びに施設基準の一部を改正する件 告示本文(PDF) 新旧対照表(PDF)
 出典:厚生労働省法令等データベースサービス(平成28年11月30日厚生労働省告示第401号)
慶應義塾大学病院 > 「先進医療の開発」 > 「水素ガス吸入療法」 > プレスリリース
慶應義塾大学医学部 佐野元昭氏著「水素ガス吸入療法による心肺停止蘇生後臓器障害抑制」(国立研究開発法人 科学技術振興機構 [JST])



水素吸入の摂取目安

疾患名と推奨値



水素吸入の効果&症状別治癒例

☆睡眠が深くなり、寝起きには身体が軽く感じます。倦怠感・不快感が消失する。
☆体調が良くなり、全身の肌が良い方向に改善されていきます。
☆体の痛みや歯痛が緩和されていきます。
☆体臭は少なくなり、続けていくとなくなります。口臭も消失する。
☆5〜6回位の吸入で頭髪がサラサラになり、毎日吸引していると白髪が黒くなります。
症状別治癒例 【 脳梗塞 】(60歳後半 女性)
意識をなくし倒れ、病院に搬送、2ヶ月間入院。4回検査するも疾患部位を特定されることなく退院。後、散歩もできない状態。
吸入開始から7回目から散歩ができるようになり、13回目には体調・顔色良く、経過検査でも異常は認めらませんでした。

【 重度アルツハイマー型認知症 】(76歳 女性)
1年半前から症状が認められ、現在は自力で立ったり座ったりする事ができない状態。排便・食事は要介護で、家族との会話は不可能。 声 は小さく何を言っているのかが不明でした。吸入1時間を週に3回行う。吸入を初めて7回目、顔色も良く介護なしで自力で座れるようになる。3ヶ月後、家族ともはっきりと会話ができるようになる。4ヶ月後、食事は自力で、排便は家族に訴えるまで回復しました。

これらの症状は一部です。重症の方には水素の吸入以外に「食べる水素」「水」「生活習慣の改善」「食生活の改善」等の併用でかなり治癒率が変化します。「水素」は完全な治療ではありません。まず、生活習慣を見直し、身体を温めることも大切です。






予備医療用水素酸素混合気体供給装置 EPOCH(エポック) HBシリーズ ラインナップ
HB-233、HB-133、HB-33

Energy Globe World Award = エナジーグローブ世界賞 世界エネルギー全世界賞受賞




機器のご購入検討、機器に関するお問い合わせはお気軽にお問い合わせください。機器のご購入検討、機器に関するお問い合わせはお気軽にお問い合わせください。