▲ TOP



約8割の人が サビ(酸化)傾向の体質


 私たちは、呼吸によって1日に500リットル以上の酸素を体内に取り入れているといわれており、その酸素を使って食事で摂った栄養素を燃やし、エネルギーを作り出していますが、この過程で取り入れた酸素の約1%〜2%分が強い酸化作用を持つ悪玉活性酸素に変わるといわれています。
もともと活性酸素には、その強い攻撃力で体内に侵入したウイルスや細菌を退治するという免疫的な役割があります。
ところが必要以上に増えてしまうと、健康な細胞まで酸化してしまうため、老化や病気の引き金になります。

 近年の医療や美容に関する研究で、「老化や生活習慣病の原因は活性酸素」といわれ、活性酸素から身を守ることの重要性が指摘されています。
こうした活性酸素の攻撃から身を守るため、私たちの体にはもともと「抗酸化酵素」という“抗酸化力”が備わっていますが、しかし、体内で作られる抗酸化酵素の量は加齢とともに減少します。
その酵素の代表がSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)で、毒性のあるスーパーオキシドという活性酸素を無害化しますが、体内でSODを作る力、それ自体は40歳前後から低下することが分かっています。
それだけに、体外から抗酸化成分を補い、抗酸化力を高めておくことが重要であり、水素は善玉活性酸素は残し、スーパーオキシドよりも有害なヒドロキシルラジカルをも排除するといわれており、抗酸化力を高めるには水素ほど効果があるものはありません。










「水素がいい」といわれても、どのようにどれだけ摂取すれば良いの?




はじめはたっぷり水素をとって、酸化したからだを一気に還元側へ!

酸化してしまった体をまずは還元側に向かわせます。
少しの水素摂取では移行もゆっくり。もし酸化力が還元力より強ければせっかくの効果が現れません。
とりあえずはじめは、一気に還元側へ向かわせることです。 その為にも、高濃度の水素を短期間で摂取することをお勧めします。

水素摂取期間 効果の体感
2〜3日程度 何かが違うと感じる。目覚めが良くなる。
1〜2週間程度 『美肌』『肉体疲労』に効果を感じる。
1〜2ヶ月程度 『アトピー系』『胃腸系』『循環系』改善方向に向かっていると感じる。
5〜6ヶ月程度 『脳神経系』『頭髪』等の様々な疾患の方の改善が大きく改善傾向にあると感じる。(検査結果を含む)
6〜12ヶ月程度 『腫瘍(ガン)』の方の改善が大きく改善傾向にあると感じる。(検査結果を含む)
※あくまで、臨床結果の統計例として表記しています。
 疾患の種類、症状によって異なりますので、過剰な期待を持たず参考としてください。





還元側にもどったら抗酸化力を維持する。高額な市販サプリを大量にダラダラと飲み続ける必要はありません!

一度、還元側に向かえばそのままというわけにはいきません。年齢とともに抗酸化力は必ず減少します。
普段の食生活において抗酸化の食べ物を心がけることも大切ですが、水素水や水素入浴剤など、安価なものを生活習慣の一環として取り入れることで、体の隅々までの悪玉活性酸素を取り除き、いつまでも若々しく健康を保つことができます。











水素の摂取方法いろいろ

水素を一番手軽にとれるのが、
水素が混ざった水素水。
上手にとることで
その効果を最大限に得る!

全身に一気に水素を取り込めるのが
水素入りのお風呂です。
水素入浴剤を湯船に入れて浸かれば、
身体をまるっとケアできます!

体内に水素を取り込む方法で
一番短時間で摂取量が多い方法が吸入。
水素吸入なら、おなかがいっぱいになることもなく
たっぷり水素を取り入れることができます。

肌のエイジングケアとして注目を集める水素化粧品。
水素は美容成分としても働き悪玉活性酸素から肌を守ります。

コンパクトで持ち運びに便利なのが水素サプリメント。
エイジングケアや健康効果にも有効です。



今や、雑誌や新聞、テレビでも数多く取り上げられ、スポーツ選手や芸能人も愛飲する水素関連商品。
そのため、『実際には水素が入っていない』もしくは『溶存量がほんのわずか』な商品も多く出回っていますので注意が必要です!
水素関連の商品タイプは、大きく分けると「パッケージの水素水」「スティックタイプで水素水を作る商品」「水素生成機能付ウォーターサーバー(水素水サーバー)」「サプリメント」「水素風呂入浴剤」「美容関係のパック、クリーム、ミスト機」などに分類され、体内に取り入れる方法として「飲用」「吸入」「皮膚吸収」があります。
当然、それらは個々の症状によって選定基準や商品が異なってきますので、自分に合った商品をしっかりと選ぶことが重要です。悪玉活性酸素は体内のあちこちに、そして大量に存在します。ごくわずかの水素分子では効果はまったく期待できないのです!水素商品選びのコツは、ズバリ【水素含有量】。ちなみに"水素"は水ではありません。あくまで"分子"です。








超高濃度水素酸素吸入サロンページへ 超高濃度水素水会員募集ページへ

お近くにお住まいの方は、ぜひ体験してください。 店舗案内へ










悩みの進行は待ってくれない! 今すぐ対策を!

水素関連商品一覧はこちら